ページの本文へ

パブリックコメント:意見募集中案件詳細

農業 /肥料、農薬、防疫

豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針の一部変更案等についての意見・情報の募集について

案件番号550002973
定めようとする命令等の題名・豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針の一部変更
・アフリカ豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針の全部変更
・家畜伝染病予防法施行規則の一部を改正する省令
根拠法令項家畜伝染病予防法第3条の2第6項及び第7条
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
問合せ先
(所管府省・部局名等)
農林水産省消費・安全局動物衛生課
電話:03-3502-8111(内線4581)
案の公示日2019年09月27日 意見・情報受付開始日2019年09月27日 意見・情報受付締切日2019年10月07日
意見提出が30日未満の場合その理由昨年9月以降、我が国で豚コレラの発生が続いていることに加え、野生いのししにも本病ウイルスが浸潤しているところです。
更に、現在、近隣諸国においてアフリカ豚コレラの発生拡大が続き、我が国への侵入リスクが格段に高まっています。
これ以上の豚コレラの発生拡大を防ぎ、豚等及び野生いのししにおける早期の清浄化を達成するとともに、万が一、我が国にアフリカ豚コレラが侵入した際、より迅速かつ効果的に封じ込めが行えるようにするため、
1 農場の飼育豚に対する予防的なワクチン接種の具体的な方法
2 野生いのししに対する捕獲の強化や経口ワクチンの散布等
などについて「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」等に明記する変更を行う必要があります。
これらの変更について早期に行わなければ、更なる家畜における感染拡大により、殺処分をはじめとした社会的コストが増大してしまうことに加え、発生県において予防的ワクチン接種の可能な限り早期の実施の要望があることから、意見提出期間を11日間に短縮して意見公募を行うこととします。
関連情報
意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案
関連資料、その他
資料の入手方法農林水産省消費・安全局動物衛生課において配布
備考
    意見提出は受付を締め切りました
    このページの先頭へ