ページの本文へ

パブリックコメント:意見募集中案件詳細

産業一般 /その他

「地球温暖化へ影響の程度であって、フロン類及びフロン類代替物質の種類をもたらす程度の二酸化炭素に係る当該程度に対する比率を示す数値として国際的な知見に基づき経済産業大臣が定める係数を定める件」案に対する意見募集

案件番号595115019
定めようとする命令等の題名「地球温暖化へ影響の程度であって、フロン類及びフロン類代替物質の種類をもたらす程度の二酸化炭素に係る当該程度に対する比率を示す数値として国際的な知見に基づき経済産業大臣が定める係数を定める件」
根拠法令項エアコンディショナーの製造業者等の判断の基準となるべき事項を定める件、冷蔵機器及び冷凍機器の製造業者等の判断の基準となるべき事項を定める件、硬質ポリウレタンフォーム用原液の製造業者等の判断の基準となるべき事項を定める件、専ら噴射材のみを充塡した噴霧器の製造業者等の判断の基準となるべき事項を定める件
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続
問合せ先
(所管府省・部局名等)
経済産業省製造産業局化学物質管理課オゾン層保護等推進室
案の公示日2015年03月16日 意見・情報受付開始日2015年03月16日 意見・情報受付締切日2015年03月27日
意見提出が30日未満の場合その理由本告示案は、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律の施行日(平成27年4月1日)より前に制定、公布する必要があるが、(1)本告示案に規定する内容の精査、(2)案の具体的な作成、等に時間を要した。また、規定する内容は、国際的に定められた数値の引用及び計算結果であることから、意見提出期間を30日未満としている。
関連情報
意見公募要領(提出先を含む)、命令等の案
関連資料、その他
資料の入手方法窓口での配布
経済産業省 製造産業局 化学物質管理課 オゾン層保護等推進室
 (東京都千代田区霞が関1−3−1 経済産業省本館7階)
備考
    意見提出は受付を締め切りました
    このページの先頭へ