ページの本文へ

パブリックコメント:結果公示案件詳細

国民生活の安全・安心の確保 /消費者行政

「不当景品類及び不当表示防止法第九条第一項の規定による立入検査をする職員の携帯する身分を示す証明書の様式を定める内閣府令の一部を改正する内閣府令」について

案件番号235070021
定めようとする命令等の題名不当景品類及び不当表示防止法第九条第一項の規定による立入検査をする職員の携帯する身分を示す証明書の様式を定める内閣府令の一部を改正する内閣府令(平成26年内閣府令第73号)
根拠法令項不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)第9条第2項
行政手続法に基づく手続であるか否か 行政手続法に基づく手続(第39条第4項該当による結果の公示等)
問合せ先
(所管府省・部局名等)
消費者庁表示対策課
電話03-3507-8800
命令等の公布日2014年11月27日
結果の公示日2014年11月27日
行政手続法39条第4項各号のいずれかに該当することにより意見公募手続を実施しないで命令等を定めた場合にはその旨及びその理由本府令は、不当景品類及び不当表示防止法等の一部を改正する等の法律(平成26年法律第71号)による、不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)の改正に伴い、立入検査をする職員が携帯する身分証明書に引用されている当該法律及び政令の条文を改正する等所要の改正をするものであり、本改正内容は、行政手続法第39条第4項第8号に規定する「意見公募手続を実施することを要しない軽微な変更」に該当することにより、同項の規定に基づく意見公募手続を要しない改正内容であるため。
関連情報
結果概要、提出意見、意見の考慮 結果・理由等
その他
資料の入手方法
備考
    このページの先頭へ